【ピアノ初心者向け】10分ストレッチでピアノ練習の効果倍増

みなさん、ピアノの練習前に指のストレッチしていますか?

何もせず、とりあえず練習をという人も多いのではないでしょうか?

ピアノもスポーツと一緒で準備運動が大事です。この準備運動をおこたると、変なクセがついてしまったり、場合によってはケガをすることにつながります。

また、ストレッチはそういったケガの予防だけでなく、練習の効果を倍増してくれます。

本記事ではピアノを弾く前にストレッチをするメリット、また、10分でできる効果的なストレッチ方法3選を紹介していきます。

ストレッチのメリット

繊細な指遣いができるようになる

ストレッチをすると、指の可動域が広がります。その結果、ふだん届かない鍵盤に指が届いたり、最短経路で指を動かせるようになるため、繊細で優雅な演奏が可能になります。

速弾きができるようになる

指を動かすときの障壁が減り、指を高速で動かすことができるようになります。

ピアノ練習前に効果的なストレッチ3選

① 横の可動域を広げてくれるストレッチ

片手で握りこぶしを作り、指と指の間にギュウっと押し込みます。

各指の間で20~30秒ほどキープしましょう。

② 縦の可動域を広げてくれるストレッチ

片手でもう片方の手の指を反らすようにします。

このとき、その他の指は動かないように押さえておきましょう。

これも各指で20~30秒キープします。

③ 縦横両方の可動域を広げてくれるストレッチ

両手の指をあわせ、グルグル回します。

逆回転も行いましょう。

各指で20~30秒ずつ。

終わりに

基本的にストレッチは退屈な作業です。

なんか面倒くさいと思って飛ばしてしまいがち。

そんなときにおすすめのやり方はテレビやYouTubeを見ながら。

ストレッチをするタイミングは、基本的にピアノの練習前がいいですが、特に運動後やお風呂に入った後は筋肉が暖まっており、伸びやすくなってるのでおすすめです。