【ピアノ初心者向け】コードの転回形で運指をなめらかに

ピアノで曲を弾くときに、

コードの変わり目であたふたしてしまう、、、

そんな経験はないでしょうか?

それはコードの転回形を使っていないからかもしれません。

本記事ではこの転回形とは何か、そのメリットを紹介していきます。

コードの転回形を使うことで、ピアノを弾くことが格段にになっていきます。

もし、まだ転回形を使ってこなかったという人は必読です。

転回形とは?

Cコードの場合、構成される音はド、ミ、ソですよね。

なので、鍵盤をおさえるときは、通常つぎのようにしていると思います。

これを基本形と言います。

コードのルート音が最も低い鍵盤となっています。

では、このドミソの順番をミソドと順番を変えてみたらどうでしょう?

これを転回形と言います。

正確にいうと第一転回形といいます。

もう一つ考えられますよね。

ソドミの場合

これを第二転回形といいます。

このように転回形とは、

ルートが最も左側にある基本形から順番を入れかえてできる形です。

転回形を使うメリット

転回形を使うメリットは、

ズバリ、聴く人にも弾く人にもやさしいことです。

どういうことか?

つぎの楽譜を見て、音源を再生してみてください。

基本形のみを使った場合

どうでしょうか?

音が上下しすぎていてなんだか聴き心地が悪い気がしますよね。

転回形を使った場合

音がなめらかにつながっていることがわかります。

こちらの方が聴きやすいと思いませんか?

つぎに、鍵盤の移動をみていきましょう。

C → Gのとき基本形、転回形を使った場合の比較です。

転回形の方があきらかに移動距離が少ないですよね。

転回形は鍵盤の移動が1オクターブ以内におさまっているので、

腕や手首の位置をほぼ動かす必要がないんです。

そうです。指の移動だけいいんです。

おわりに

今回紹介した転回形はピアノ上達にはかなり必須の内容でした。

慣れるまで、時間がかかるかもしれませんが、

一度慣れてしまうと、どれだけ楽であるかがわかると思います。

ぜひ、練習してみてください。