【楽曲分析】パプリカ/米津玄師・Foorin

今回は、パプリカ米津玄師バージョンFoorinバージョン

比較する形で曲を分析していきたいと思います。

当初は子供向け番組の曲として、書き下ろされたこの曲。

その後、米津自身がセルフカバーし、話題を集めました。

分析してみると、このパプリカという曲には、

実は壮大なテーマが隠されていました。

それでは、一緒にみていきましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=T0valuAksuo

曲の全体構成

イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ→Aメロ→Bメロ→サビ→Cメロ→サビ

原曲キーは、それぞれの曲で異なっています。

キーを変えることで雰囲気をガラリと変えているのです。

この手法をリハーモナイズといいます。

全体的な曲の雰囲気としては、米津版は哀愁

一方、Foorin版では子供向けの曲とういうこともあり、楽しさを感じさせます。

そして、どちらともサビでは転調があります。

メロディ

メロディには、ヨナ抜き音階が使われています。

ヨナ抜き音階とは、読んで字のごとく、

4度7度の音を抜かした音階のことです。

とても安定感のあるスケールです。

ぺンタトニックスケールとも呼ばれます。

ぺンタトニックスケールについて詳しくはこちら

基本的にはどちらとも、このヨナ抜き音階が使われています。

しかし、Aメロを見てみると、

米津版では7度が使われているところがあります。

本来は抜くべき、7度の音をあえて使うことで、

不安定感、哀愁を感じさせます。

コード進行

次はコード進行を見ていきます。

まずは、Aメロの一部を聴いてみましょう。

米津版

Foorin版

いかがだったでしょうか?

だいぶ雰囲気が違いますよね。

2曲の雰囲気の違いを大きく決定づけているのは、コード進行の違いです。

大きな違いは2つです。

・コードの割り当て

・不安定/安定なコード

コードの割り当て

両者のコード進行を比較してみましょう。

米津版はコード変化があまりないのに対して、Foorin版はコード変化が多いですよね。

しかし、4小節目は、Foorin版では1小節まるまるA(主和音)で終わっています。

主和音で終わることで、終止感、あるいはどん詰まり感がでます。

これにより、幼稚な印象を聴き手に与えるのです。

不安定/安定なコード

米津版には暗いマイナーコードが比較的に多く使用されています。

また、不安定なセブンスコードやディミニッシュコードもみられます。

一方、Foorin版には三和音の安定したコードが多く使われています。

リズム

パーカッションのリズムにも大きな違いがあります。

それはアクセントです。

米津版では、アクセントが一拍目の表、3拍目のにあります。

これにより、リズムは変則的になります。

それに対し、Foorin版では、1拍目、3拍目どちらもにアクセントがきています。

これにより、リズムはストレートに進行していきます。

考察

ここまで読んでいただけたらわかるように、

このパプリカという曲には、表と裏とか、光と闇というような、

2面性があります。

また、この曲にはさらに壮大なテーマが隠されていました。

それは原爆と平和というテーマです。

米津版のMVには、彼岸花や千羽鶴が多く登場しており、

登場する少女は原爆で亡くなった子であると言われています。

そして、パプリカの花言葉は「君を忘れない」だそうです。

さらに詳しい話は、つぎの記事で紹介されていましたのでご覧ください。

まとめ

・リハーモナイズによって、1つの曲でありながら、表と裏のような全く異なる2面性を持たせている

・ヨナ抜き音階からあえて音を外すことで、米津版では不安定感、哀愁を表現

・コードの割り当て方、安定と不安定なコードで、幼稚さや大人な雰囲気を演出

・リズムアクセントの違いで、変則的かストレートか

・曲のテーマは原爆と平和